賢いのはどっち!?犬猫論争についに終止符?


犬と猫は、どちらが賢いのか!?

人間の言うことをよく聞く犬か?それとも付かず離れず人間を手玉に取る猫か?

何を持って「賢い」とするのか、その線引きはとても難しいところですが、米テネシー州ヴァンダービルト大学の研究者らが次のような研究を発表しました。

【記事の概要】

  • 脳の大きさと知能は比例せず、大脳皮質に持つニューロンの絶対数が、その動物の知性の豊かさを決定する。
  • ヒグマはゴールデンレトリーバーより3倍大きい脳みそを持っているが、ニューロンの数はゴールデンレトリーバーより少ない。
  • 犬猫を比較した場合、猫の脳の重さは32g、犬の脳は100gと3倍程度の違いがある。
  • ニューロンの数は、犬が5億3000万で猫の2億5千万を2倍以上上回ることから、犬の方が知的であるといえる。

どうやら、「知性」のバロメーターとなるニューロンの数では、犬が猫を圧倒したようです。
確かに、それぞれの「社会性」は異なるものの、犬の“学習能力”には目を見張るものがあり、さすが長い歴史で人間のパートナーとして活躍してきただけのことはあると、納得感もありますね。

しかし記事では、「ニューロンはひとつの指標に過ぎず、必ずしも猫の知性が劣ると結論がついたわけではない」と結んでいます。

それに、ニューロンの数だけなら、人間をはるかに凌駕する動物もいるくらいですからwiki「動物のニューロンの数の一覧」、また新たな切り口で「やっぱり猫の方が賢い」と主張する研究も現れるかもしれません。

動物とニューロンの数 wikiより
チンパンジー 62億
アフリカゾウ 110億
人間 210億
ヒレナガゴンドウ(イルカ) 372億

犬猫知性論争・・・そもそも「どちらが賢いか」なんて、犬派も猫派も気にしていないのかもしれませんが(笑)

「賢さ」と「愛情」はイコールではありません。

高校受験を控えた甥っこの勉強に答えられなくても、昔かわいかった面影が決して薄れたりしないように・・・例え自分より偏差値の高い高校を受けようと・・・昔は圧勝したゲームに勝てなくなろうと・・・そ、、そんなことはどうでもいいのです。

(来年のお年玉は減らしたいと思います)

by 倉西

PAGE TOP