ペットシッターコラム



 

あまりイメージできないかもしれませんが、ペットシッターは体が資本の体力仕事です。
真夏は特に、冬場だって元気なワンちゃんと長時間歩けば、汗をかいてしまうものです。
強い日差しに汗をかき、寒くても体を動かせば厚着の下に汗をかくのが人間ですが、ところでペットは汗をかかないの?

夏も冬も裸一貫のペットは、換毛期という衣替えシーズンが体温調整に役だっていますが、我々のおじいちゃんのおじいちゃん、そのまたおじいちゃんを延々に繰り返したどり着くネアンデルタール人の時代。彼らが服を着だすまでは、人類も動物と同じ、裸一貫だったのです。もちろん、毛むくじゃらでしたが。
こうした新化の途中で発汗機能が発達し、徐々に体毛を失いはじめたことが『服』を発明するきっかけとなったと言われていますが、では服を要さないペットたちの『汗』事情はどうでしょうか?

汗腺の役割とその種類

犬や猫も人間も、常に体温を一定に保たないと生きていけない恒温動物です。
暑いときに“汗”をかくのは、蒸発による気化熱効果で体温を下げるためですが、しかしながら犬や猫たちは、人間のように全身に汗をかくようなことはありません。
全身に無数の汗腺がある人間に対し、犬や猫の汗腺はパッド(足裏)部分にしかなく、足裏にわずかに汗をかく程度で、汗による体温調整はほとんど期待できません。
パンディング(ハッハッハッと浅くて早い呼吸)で温かい空気を吐き出し、唾液や喉の粘膜に含まれる水分を舌から蒸発させることで、汗の代わりとなる気化熱効果を生んでいます。
それに加え、暑いときはただただ涼しい場所でじっと動かない、というのが彼らの主な体温調節方法です。

ちなみに馬も全身に汗をかきますが、あれは全速力で走らされた後だからであって、自然の動物がそうそう汗をかくものではありません。前述のように、暑ければ涼しい場所でじっとしている、無駄な体力は使わない、というのが動物たちにとって最優先されることですから、追う側も追われる側も、真っ昼間には木陰で寝ていることがほとんどです。

ちなみに、一言に『汗』といっても、我々人間も含め、動物の汗腺には二種類あります。エクリン腺とアポクリン腺。私たちが普通にかく汗はエクリン腺から出るもので、そのほとんどがただの水分(99%が水分、残りが塩分など)です。一方アポクリン腺は体臭を出すための汗腺で、空気に触れると臭いを放ち、縄張りや性的な信号の役割を果たします。人間の場合、この臭いアポクリン腺は脇の下や足の裏など特定の部位にしか分布していないのに対し、犬や猫はアポクリン腺が全身に分布し、逆にエクリン腺、つまり我々でいう普通の汗となる汗腺が、足裏にわずかに存在するのみとなります。

それぞれに残った汗腺

さて、ここでまた「進化」の話になりますが、人間はアポクリン汗腺を退化させてきたと考えられています。現在でも犬や猫、特に犬は個体識別における“匂い”の比重がとても高く、視力や色の判別などは人間よりずっと劣るといわれています。一方で人間は、視覚や色で判別ができるようになったため、食べ物や異性を匂いで判断する必要がなくなっていきました。まだ目の見えない赤ちゃんは、性的臭腺とも呼ばれるアポクリン汗腺を臭いで見分け乳首に吸い付くといわれていますが、このようにそれぞれの役割、生体の進化の過程において、汗腺が必要な部位、不要な部位と淘汰されていったのでしょう。

 

ちなみに、猫の肉球の方が、犬に比べてしっとり湿っている印象を受けないでしょうか?これは、単独で狩りをする性質上、クッション効果で音を立てずにそ〜っと獲物に忍び寄る役割もありますが、木に登ったり高いところにジャンプする際、「いくぞ!」と緊張することで足裏に汗をかき、これが上手に登る秘訣にもつながっているからです。
 
犬や猫よりも汗腺の発達が劣るウサギは、足裏にパッドさえありませんので、日中うっかりケージを外に出しておいただけで、熱中症になって短時間で命を落としてしまうこともあります(ちなみに、ウサギは大きな耳に無数に走る毛細血管に血液を流すことで、耳の表面から熱を放散し体温を一定に保っています)。

このように汗のかき方ひとつとっても、我々人間とは何から何まで違うペットたち。
ただし、私たちが「手に汗握る」というように、ペットも緊張したときには汗をかきやすくなりますので、お世話のペットがフローリングに汗による足跡をつけたなら、まだまだペットシッターに対して心を許していない証拠かもしれませんね。

これからも、額に汗して心をこめて、大切なペットのお世話をさせていただきます。

ペットシッターSOS

0120-688-505

  • 受付時間 平日 10:00から17:00
  • ペットシッターを依頼する
  • 資料請求・お問い合わせ

PAGETOP