MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約お申込み

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > 脳と体に刻まれた“習慣”

脳と体に刻まれた“習慣”


事務所を移転して一ヶ月ちょっと。
習慣とは怖いもので、以前のところからちょっと先に行ったところに今のオフィスがあるのですが、体がすっかり“前の距離”に慣れていて、頭では「まだ先だ」と分かっていても、そこを通るたびにエンジンが切れる様な感覚といいますか、ただ駅から歩いてきただけなのに、その先の疲労度がはんぱありません。

ボクサーの体に3分間というリズムが染みついているように、ウォーズマンが30分しか戦えないように、長きに渡る経験・習慣が、私に朝のゴールを植え付けさせてしまったようです。

これが、全く違う場所や方向であれば、このような感覚はなかったことでしょう。
引っ越したといっても以前の事務所と同じ通り沿いで、通勤時は旧事務所を通り越して行くので、そういった意味では全く新鮮味もありません(笑)

犬のしつけでも、例えば「してほしくない」行動が習慣化しているようでしたら、その見てきたもの・体験してきたものを「見せない・体験させない」という対処で、行動を修正できることがあります。


ピンポンの音に吠える→ピンポンの音を変える
玄関の靴を齧る→玄関に靴を置かないor玄関にゲートをつける
人が通る度に窓から吠える→犬の目線部分(窓の下側)にすりガラスシートを貼る

など。

同じ道のり、同じ環境のなか習慣を変えるのは難しいかもしれませんが、根本をガラッと変えてしまえば、意外と上手くいくものも多かったりします。

私も通勤時に、何かしらモチベーションを見つけたいと思います。
徒歩がトホホ‥にならないように。

by 倉西

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。