MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約・お問い合わせ

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > ワンちゃんに黄色いリボン

ワンちゃんに黄色いリボン

人や他犬が苦手なワンちゃんって、結構多いですよね。
我が家も昔飼っていた愛犬は、人(特に男性)が苦手でした。
でも他犬は大好きなので、近所のワンちゃんを見つけると喜んでいたのですが、そのワンちゃん、他犬が苦手で人が大好きな、我が愛犬とは真逆の性格でした。
そのため、お散歩に行く時などに鉢合わせても、飼主同士が挨拶するだけにとどめておきました。
そんな何らかの理由で、「他の人や犬に無暗に近づいて欲しくない、近づかないほうがその犬のためになる」ワンちゃん達のために、分かりやすく意思表示できる方法があるのです!

それが、リードに黄色いリボン!!です。

【SNSで話題】
なぜ? リードに黄色いリボンをつけている犬を見かけたら近づいちゃダメ

リードに黄色い「リボン」が結び付けられている犬についてSNSで話題になっていますが、「知らなかった」との声も多く挙がっています。この黄色いリボンの意味について、ドッグライターの大塚良重さんに詳しく伺いました。

リードに結び付けた黄色い「リボン」に代表されますが、犬の首に黄色いリボンを巻いたり、またバンダナやベスト、リードなどもあります。共通しているのは色が黄色であること。ベストやリードなどには、「トレーニング中です、私には距離をとってください」というような意味合いの文字が書かれているものもあります。
大塚さんによると、黄色いリボンの対象になるのは他の人や犬に無暗に近づいて欲しくない、近づかないほうがその犬のためになる場合で、以下のようなケースが挙げられるそうです。

病気やケガ、高齢などの理由でそっとしておいて欲しい犬(例:ケガや手術後の回復期である、興奮すると発作を起こす病気がある、体に痛みがあり触って欲しくない、高齢で気難しく他の人との接触を嫌がる、など)他の人や犬を怖がる、過剰反応してしまう犬他の人や犬に対して攻撃的になってしまう犬視力や聴力がなく、他の人や犬にいきなり近寄られると怖がる犬犬を引き取ったばかりで社会に慣らすためのトレーニング中である……など。

ただし、認知度はまだまだ低く、その意味を知らない人も多いため、

・リボンやバンダナがかえって人目を引き、(意味を知らないため)逆に「可愛いですね」などと近寄ってきたり、触ろうとしたりする人もいるだろうということ。

・リボンの役割に頼りきって、例えば攻撃性のある犬の場合、それを直すトレーニングを試みないなど本末転倒な使い方。

・国内では聴導犬や介助犬が黄色やオレンジ系のベストを着ていることが多いので、同プロジェクトでベストを用いた場合、遠目にはややもすると混同されてしまう可能性(聴導犬・介助犬・盲導犬といった補助犬も、仕事中には「勝手に触る」「じっと見つめる」「話しかける」「勝手に食べ物や水を与える」などの行為はNGとされるが)

など、黄色いリボンが本来もつ意味をうまく利用できない場合や、誤認される場合もあり得るといいます。

一般の人にできることは、とにかく無暗に近づいたり、触ったりしないこと。距離をおいてそっと見守ってあげるのが、その犬や飼い主さんにとって一番ありがたいことなのだそう。これを機にしっかりと覚えておきたいですね。

引用:【SNSで話題】なぜ? リードに黄色いリボンをつけている犬を見かけたら近づいちゃダメ

   
   
まだまだ認知度は低いですが、これから広まっていくことに期待します。
もし街中で黄色いリボンのワンちゃんを見かけたら、遠くからそっと見守っていきましょう。

   

スタッフ 木村

 

 

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。