MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約・お問い合わせ

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > 世界の珍しいネズミ

世界の珍しいネズミ

ネズミ年にかこつけて、今回もネズミの話題をお届けします ~( C・> チュー
世界の珍しいネズミを調べてみました。

 

●トゲマウス

分類:ネズミ科 トゲマウス属
生息地:エチオピア、ケニア、サハラ砂漠
体長:6~8㎝
体重:60g

別名、トゲネズミ。
背中にトゲの様な毛が生えているのが特徴。
トゲと言っても毛が剛毛になっており、この毛はハリネズミの様に身を守るものではなく、体温調節のため進化したと考えられている。
日本にはオキナワトゲネズミがいるが、近年その生息数は激減しており、2016年には国内希少野生動植物種に指定されている。
ペットとしては、カイロトゲマウスが有名。

 

●ハダカデバネズミ

分類:デバネズミ科 ハダカデバネズミ属
生息地:ソマリア、ケニア、エチオピア
体長:10.3~13.6cm
体重:9~69g

名前の通り、変わった前歯をしている体毛のないネズミ。
地中にトンネル状の巣穴を掘り生活している。特徴的な前歯は土を掘る時にも使用されており、硬く強い。
1つの巣穴(コロニー)では20~40匹の群れが生活し、女王ネズミ、繁殖ネズミ(オス)、働きネズミといった階級がある。
寿命は30年程といわれており、一般的なネズミに比べとても長い。

 

 

●マーラ

分類:テンジクネズミ科マーラ属
生息地:アルゼンチン、パタゴニア
体長:50~75cm
体重:8~9kg

世界最大のネズミであるカピバラに次いで、ネズミの仲間ではかなり大きい。
一見、ウサギの様にも見えるが、モルモットに近い仲間。運動能力が高く、最高速度は時速50kmにもなる。
近年、生息地が減少しており、IUCN(国際自然保護連合)によって「準絶滅危惧種」に指定されているが、いずれ「絶滅危惧種」に指定されるとみられている。

 

ネズミも多種多様ですね。
このネズミたちは日本の動物園で見ることができます。(一部非公開の動物園もあります)
興味がありましたら是非見に行って
みてください(^^)

 

スタッフ 木村

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。