MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約・お問い合わせ

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > 実家の愛犬の雑すぎるトッピング(笑)

実家の愛犬の雑すぎるトッピング(笑)

こんにちは。本部スタッフの倉西です。

美食家で健康オタクの私の今日のお昼は、めずらしくカップラーメンでした(+シャケおにぎり、メンチカツ)。
実は週末も二日酔いのときにカップ麺を食べましたが、それはノーカンです。

しかし、最近のカップラーメンは、いや昔からそうでしたが、めちゃくちゃ美味いですね。
あと、今は「粉スープ」も“食べる直前”に入れるタイプのものがあるのですね。
「粉末」は先、「液だれ」は後というイメージでしたので、驚きました。

粉末やスープをかけるといえば、ペットフードの食い付きをよくする“トッピング”を思い出します。
ちょうど昨日、実家の愛犬バーニーズが「ごはんを食べなくなった、でも体調はすこぶるいい」という報せがあり、トッピングしても食べないの?と聞くと、「いつもお父が我慢比べで負ける あははは」との返信。

 

その後送られてきた動画には、衝撃のトッピング風景が映っていました。


ちぎって与えようとしているのは、ゆで卵です。

 

 

まず、この時点で粒がでかい(笑)


これではドッグフードを避けて、トッピング部分だけを食べてしまいます。

 

 

いざ、“実食”


するも、当然ドッグフードのカリカリという音は聞こえてこず、美味しい部分だけを選り分けています。

 

 

それでも卵と一緒に、そのデカい口に偶然フードも運んでくれればいいのですが・・・


ついには首を上げ「そっちよこせ」と、お父の右手に持つ“たまご本体”を欲しがります。

 

 

 

で、上げちゃう(笑)


カプッじゃないっての!!(笑)

 

 

アムアム、うめー


・・・これではドッグフードを食べなくなるのも当然ですね。。σ(^_^;)

もはやトッピングではなく、味付けレベルを超えた別皿の提供です。

犬はこうやって学習していき、食べなければ“もっと美味しいものがもらえる”ということを体験し、次もこの刺激をもとめて同じ様に振る舞います。

もちろん、毎回こんな感じのごはんではありませんが、メリハリをつけて「出しても食べないなら次のごはんタイムまでお皿を下げちゃう」など強固な対応も時には必要です。

また、トッピングは風味をアップするスープ状のものや、ふりかけのように細かくした“フードに混ざりやすいモノ”が適しているのも、言うまでもありません。

今年で10歳になるお婆ちゃん犬なので、まあ多少の贅沢グルメは良しとしましょう(^_^;)

 

by 倉西

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。