MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約お申込み

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > GWと和製英語

GWと和製英語


ゴールデンウィークが近づいてまいりました。
GWの連休はシッターのご依頼も大変混み合いますので、ペットシッターをご検討中の方は、ぜひお早めに最寄りの店舗までお問い合わせください。(→お近くの店舗はこちらから

ゴールデンウィークに限らず、年末年始、お盆休みなど、お出掛けされる方が多い大型連休は、ペットシッターの需要が大変高まる時期です。

夏の連休は夏休み、冬は冬休み、どれもシンプルでそのままですが、なぜGWだけ“ゴールデンウィーク”というおしゃれな名前が付いているのでしょうか?

 

一口メモ

GW(ゴールデンウィーク)は、もともと映画関係者が作った言葉で、正月やお盆興行よりもこの時期の入場者数が多かったことから、「もっとたくさんの人に映画を観て貰おう」と、ラジオやTVの一番視聴率が高い“ゴールデンタイム”から付けられたと言われています。

 

なるほど、決してゴールデンレトリーバーの依頼が集中するから、ではないようですね。

ちなみに、ゴールデンウィークという言葉は『和製英語』です。
和製英語とは、英単語を組み合わせて作った日本だけのオリジナルな言葉で、海外で言っても通用しません。

スキンシップや、アフターサービスなどもこれに当たりますので、外国人のお客様に英語だと思って「ペットシッター」の説明で使ったら、恥をかくとこでしたね。
それ以前に説明する英語力もありませんが‥

今朝もモーニングコールで起こされオーダーメイドじゃない市販のワイシャツに袖を通し、ベッドタウンマイホーム・マンションからペーパードライバーなのでハンドル握ることなく出勤し、マイブームサイダーマグカップで飲みながら、そんなことを考えていました。

 

和製英語って、こんなにあるんですね。

by 倉西

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。