MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約・お問い合わせ

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > ペットシッターがお勧めする雨合羽や靴とは?

ペットシッターがお勧めする雨合羽や靴とは?

本部スタッフの倉西です。

梅雨らしい天気が続いていますね。
ペットシッターにとっては大変ですが、それでも気温がそこまで上がらず、ジメジメしていないことだけは助かりますね。

一般的な飼い主さんの場合、雨の中お散歩に行くとしても、朝夕の内どちらかは曇りだったり、比較的雨の弱い時間を選択することができますね。

しかしペットシッターの場合は、スケジュールが立て込むとそうはいきません。
下手したら、一日中雨の中を歩くことも珍しくなく、雨天対策には皆さんそれぞれ気を付けています。

そこで、ペットシッターが普段どんな雨対策をしているか、その一部をご紹介したいと思います。

 

雨用の履物は?

雨だけに、長靴タイプの靴を思い浮かべる人も多いと思います。
もちろん、一日2~3件のお散歩なら、長靴でも問題ありません。しかし、何件もお散歩が続き長時間履いていると、底が薄く歩きにくい長靴では、足裏やふくらはぎが痛くなってきてしまいます。
また、いくら雨に強いとはいえ、何度もお客様のお宅で脱いだり履いたりしているうちに、滴が入って少しずつ中の方も濡れてきてしまいます。紐タイプのように足首を固定しているわけではありませんので、中が濡れるとどうしても靴の中でつるつると足裏が滑り、歩くたびにつま先がぶつかってしまいます。

お勧めなのは、防水タイプのスニーカー。
防水、撥水加工がしてあるとはいえ、多少濡れるのは覚悟しなければいけませんが、しかし何と言っても動きやすく、犬の急な引っ張りや危険回避の際にもパフォーマンスを落としません。
また普段でも履けるので、急な雨にも対応できます。

 

雨合羽はどんなものがお勧め?

シッターの場合、片手がふさがってしまう傘なんてもってのほかですが、カッパもよくある透明な安物タイプのものは、すぐに破けてしまいます。
特に100円ショップで売られているようなものは、犬が飛びついたりして爪が当たれば、簡単にビリビリに破けてしまいます。
良いものは5,000円~1万円と結構なお値段がしますが、多少高くても、長く使うことを考えればできるだけ強度の高いものがお勧めです。

また、膝下くらいまで覆う全身タイプのものは、大変動きにくくパフォーマンスを著しく低下させます。お散歩で歩く、走る、糞を拾う、足や体を拭く、などのシーンで、いちいち動きを制御され、余計に疲れやすく、また大変危険です。
そのため、上下分かれたセパレートタイプのものがお勧めです。
トレッキング(山歩き)用の丈夫で専用の合羽なら、なお良いでしょう。
色は、暗くなっても目立つような、明るめのものを選びたいですね。

 
いかがでしたでしょうか?
もちろん、アイテムだけじゃなく、雨天用のお世話に関する注意はたくさんありますが、“雨でもお散歩を安全に楽しみたい”という方は、ぜひ参考になさってみてください。

by 倉西

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。