MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約・お問い合わせ

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > 真冬のペットシッター便利アイテム

真冬のペットシッター便利アイテム

本部スタッフの倉西です。
師走とはよくいったもので、ペットシッターもお世話や打ち合わせにかけまわる、最も忙しいシーズンの到来です。

今年(の東京)は、そこまで寒さが厳しくないのが幸いですね。
とはいえ、早朝のお散歩が続くと、体は芯から冷えてきてしまいます。

そこで今回は、ペットシッターとして動きやすく暖かい、そんな冬の便利なアイテムを紹介したいと思います。

インナー
保温性、着心地に優れた冬の定番で、最近では手頃な値段の商品もたくさん出ていますね。
しかし、それでも寒い!または逆に汗をかいて汗冷えする、という方にお勧めなのが登山やアウトドア専用のインナー。
冬山登山など外気が冷たく内部に汗をかく運動に適したインナーは、少しお値段は張りますが、温かさや着心地もとても良いです。

 

ズボン
ジーンズ(特にスリムジーンズ)は、膝関節の動きが微妙に制御され、一日に何度も立ったり座ったりの動作を繰り返すペットシッターには、不向きなところがあります。
とはいえ、ゆったりとしたズボンは空気が入って寒い。下に股引を履けば温かいものの、今度は逆に室内や車の中で暑すぎたりもします。そこでお勧めなのが、裏起毛(うらきもう)のズボンです。股引のようにピタッとした熱ではなく、空気の層によって保温性を高め、何より動きやすい特徴があります。さらに、外側の素材がナイロンで、俗に言う「シャカパン」と呼ばれるタイプのものは、ペットの毛が付きにくく衛生的です。

 

ネックウォーマー
太い頸動脈がある首回りは、血液や酸素を脳に運ぶ大切な部分で、それゆえ体の中でも最も寒さを感じる部分といわれています。
マフラーは巻くのに手間や、ぶらんとした部分に犬猫が遊びでじゃれついてきて危険なこともありますので、そんなときはスポッと被れるネックウォーマーが便利です。お散歩時に暖かくなって取り外したときも、マフラーよりはかさばらずにポケットにしまうことができます。

 

手袋
もしお散歩中にトリーツを用いることがありましたら、指先の部分だけをカットした手袋がお勧めです。素手では寒すぎますし、手袋をしたままではフードをうまくつかめなかったり、ワンちゃんが手袋ごと噛んでしまうことがあります。
また、手袋をポケットにしまうときは、完全に隠れてしまうまで奥にしっかり入れましょう。指先の部分が出ていたりすると、おもちゃのように犬がそれを咥えてしまうことがあります。

 

いかがでしたか?
暖かい恰好で温かい心のこもったお世話をし、この年末年始の繁忙期も乗り切りたいですね。

ちなみに私は昨日、毎年恒例ですがM-1を祝杯を上げながら見て(今年が歴代一番面白かった)、酔っ払ってそのままコタツで寝てしまい喉ががらがらです。
シッターの皆さん、年末年始に向けて風邪だけは引かないように、くれぐれもご自愛ください。

 

by 倉西

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。