MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約・お問い合わせ

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > 30秒で分かる『ちょーだい』~犬のしつけ~

30秒で分かる『ちょーだい』~犬のしつけ~

犬が咥えているもの『ちょーだい』の合図で渡してほしいとき、ただ取り上げて「それでおしまい」ではフェアじゃありません。

「ちょうだい」「ちょーだい!」「ちょーだい!!」と何度怒鳴って手を差し出したところで、犬は獲られまいと唸ったり、場合によっては飲み込んだり攻撃に転じてしまうことがあります。

 

 


正しくしつけない限り、犬には本能として『所有欲』があり、例えば野生のオオカミの世界でも、いったん口にした獲物は相手が明らかに上位のオオカミであっても、奪われまいとマズルに皺を寄せて唸ります

 

「ちょーだい」を上手に教えるには、“等価交換”かそれ以上の「いいこと」による『引き換えゲーム』を用いて、取られっぱなしではなく、“咥えているものを離したらもっといいものがもらえるぞ!”ということを学習させていきます。

 

 


“拾い食い” “テーブルの上から” “自分のおもちゃ” 状況や咥えているものが何であれ、一度手に入れた大切なものを渡したら

 

 

もっと美味しい大好きなもの(=『いいこと』がもらえた

 

<しつけ方>

最初はオモチャなどを手で持って咥えさせ、「ちょーだい」と言いながらもう片方の手で犬の口横にオヤツを持っていきます。
オヤツを食べるには今咥えているものを離さずにいられませんので、犬が口を離した瞬間オモチャを下げオヤツを与え褒めてあげます。そして、すぐにまたオモチャで遊びを再開します(取られっぱなしじゃない、ということを学習させる)。
このしつけを繰り返すことで、犬は「ちょーだい」の合図で自ら咥えているものを離すようになります。

 

by 倉西

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。