MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約・お問い合わせ

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > サプリについて

サプリについて

ペット保険のアニコム損保が発表した『2020年ペット支出表』によると、総額は犬338,561円(前年比110.4%)猫164,835円(103.9%)と、前年2019年と大差はありませんでしたが、コロナの影響からその内訳は大きく変わりました。

<詳細はこちらの記事を参照ください>


参考サイト
より抜粋

私たちの業務に直結する「旅行・出張の自粛」の影響は大きく、「ペットシッター/ペットホテル」の項目では犬3,991円(前年比47.9%)猫1,609円(46.4%)と前年に比べ半分近い落ち込みとなりました。

これは、「ケガや病気の治療費」「しつけ・トレーニング料」「洋服」「(飼育に伴う)光熱費」など数ある項目の中でも最も減少率が高く、コロナの影響をもろに受けた結果となります。

その逆に、前年比で最も上昇率が高かったのが「サプリメント」です。
犬では11,861円(前年比135.8%)猫では5,668円(203.7%)と、特に猫では顕著な支出増です。
コロナ禍で脅かされた健康意識が、ペットにも影響したのかもしれません。

サプリメント自体は「薬」でも「食事」でもありませんが、どちらの効力にも成り得る「健康」や「栄養」の補助サポートをしてくれます。

難しいところは、薬と違って「効果」が見えづらいところであり、どれだけ“健康”や“日々の生活”に役立っているのか、確証を持てないところですね。

これは人間のサプリメントも同じで、私は一時期7種類くらいのサプリメントを摂取していましたが、今は何も摂っておらず、実際のところ体感する健康の違いは全くありません(笑)

過ぎたるは及ばざるが如しで、体に良いからといって、もちろん必要以上にペットに与えてはいけませんが、かかりつけの獣医さんと相談の上、その子に合ったサプリを適量与えることは、間違いなく健康にいいことです。

かつての私がそうだったように、大した効果は感じなくても気休めでサプリを飲んだり、毎日摂り入れる儀式的な行為で、精神衛生上も“体にいいことをしている”と前向きに思えたり、ただやめ時が分からず飲み続ける人も中にはいるかと思いますが、少なくともペットにサプリを与えることは、毎日のペットとの接触、ひとつのコミュニケーションにもなり、「ペットの体調はどうだろうか?」とそれだけ気にかけることにもなります。

今回、ペットシッターの利用費とは対照的に上昇したサプリメントを取り上げましたが、早く皆さんが安心して出かけられ、またペットシッターを頻繁にご利用いただける社会になるよう、喉から手が出るほどコロナに効くサプリ、いえ特効薬が欲しいところです。

by 倉西

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。