MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約・お問い合わせ

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム » 更新情報一覧 » ペット需要の高まりの裏で・・・

ペット需要の高まりの裏で・・・

コロナの影響でペットの需要が高まっているのは、日本だけではありません。
イギリスでもコロナの影響でペットの需要が高まっているそうです。

そして、その需要に伴い、ペットの誘拐が増えているとか・・・。

英政府、「ペット誘拐」を新たな刑事犯罪に コロナ禍で盗難増加

英政府は3日、イングランドで「ペットの誘拐」を新たな刑事犯罪として定める方針を明らかにした。イギリスでは新型コロナウイルス対策のロックダウンの最中、ペットの盗難事件が増加した。

この提案は、ロックダウン中の事件の増加に対処するために設置された、ペット盗難タスクフォースの報告書に盛り込まれた。

ペットの盗難は現在、飼い主の所有物の損失として扱われている。新たな法律によって、ペットが盗まれたことによる精神的苦痛を認めるのが狙い。

政府関係者や警察、検察、地方自治体などで構成するタスクフォースは、動物保護団体や活動家、学者、そのほかの専門家から、ペット盗難に関する証拠を入手。

その結果、昨年約2000匹の犬が盗まれたことが判明した。

また、警察が記録したペットの盗難事件の10件に7件は犬に関連したものだったことがわかった。

1968年の窃盗法は、窃盗に対して最高で禁錮7年の刑を定めている。しかし、量刑は盗まれたものの金銭的価値も加味して決定されるため、実際にこうした刑罰が適用されることはほとんどないと閣僚らは指摘する。

ペットの誘拐という新たな犯罪行為の最高刑がどのようなものになるのかは不明。

 

私は愛犬がいた頃、たった一度だけコンビニ前にリードを繋いで、愛犬に待っていてもらったことがあります。公共料金の支払いに追われ焦っていたとはいえ、気が気ではなかったです。
たった数分の間に、愛犬がコンビニ前からいなくなっていたらどうしようかと、心配で仕方がなかったのです。

過保護だなぁ。と思われるかもしれませんが・・・。
はっきり言います!
過保護でした!!!

日本では、ペットの誘拐は「窃盗罪」「器物損壊罪」「動物愛護管理法違反」などに問われます。しかし、ペットの誘拐(連れ去り)はペット自身の脱走や迷子の可能性もあるため判断が難しく、警察に相談しても場合によっては対応してもらえないこともあるそうです。

まずは、マイクロチップの装着や、散歩をしていてもリードを離さないなど、飼い主自身がしっかり管理をして対策をしていきましょう。

 

 

スタッフ石井

 

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。