MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約お申込み

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > ペットに気を付けてあげたい梅雨時の注意点!!

ペットに気を付けてあげたい梅雨時の注意点!!

ジメジメ時期がやってきました。
洗濯物は乾かない。
まとわりつくような湿気にイライラ。
暑いのか寒いのかよくわからない。
なによりぐっすり眠れません。
こんな困った時期、ペット達へ気を付けたいことが色々あります。
そのかなでも特に気を付けたいのが以下の3点!!
   
   
1:雑菌の繁殖に注意!
この時期、ペットの体臭がいつもより気になる方もいるでしょう。ペットの毛が湿気を含み、雑菌が繁殖しやすくなっているのも原因のひとつですので、お手入れはこまめにしてあげてください。また、ケージやベッド、毛布なども雑菌が繁殖しやすいので、こまめにお掃除をした方が良いでしょう。また、個人的にはペットのトイレが臭いやすくなるので気を付けています。トイレの臭いを抑える消臭剤もありますが、いつも以上にこまめに掃除するのが一番効果的でした。
   
   
2:フードなど食べ物に注意!!
この時期、食べ物はすぐに傷んだり腐ったりと、悪くなってしまいます。
ペットのご飯も例外ではありません。ウェットフードや生食は特に注意が必要ですが、常時置き餌の方もご注意を。我が家も猫が朝残したドライフードが、夕方にはどことなくしっとりしていることがあります。また、ストックのドライフードも注意が必要です!パッケージを一度開けると湿気ってきますので、密閉できる容器に移し替えると良いでしょう。
さらに、ハムスターなどフードを隠す習性のある小動物はご注意を。隠していたフードにカビが発生することがあります。私は幼い頃お世話していたハムスターのケージから、緑色に変色しカビだらけになったヒマワリの種が大量に出てきたのが、今でも少しトラウマです。
   
   
3:ノミダニに注意!!!
奴らは年中いますが、特にこの時期元気です。気になる方は動物病院に行って駆除剤を処方して頂きましょう。また、ペットショップにも販売していますが、駆除というより忌避剤になりますので効果は弱く感じます。さらに市販の体に垂らすスポットタイプは水に弱く、シャンプーや雨で落ちてしまうので、生活スタイルに合わせてお選びいただくのが良いでしょう。
   
   
また、梅雨から夏にかけて運動不足も気になりますね。ワンちゃんはお散歩に行きづらくなりますし、お散歩に行かない猫も暑さのせいで運動を控えてきます。ちなみに人も運動を控えてくるように思います(笑)天気や気温と相談しながらペットと一緒に運動不足にならないよう気を付けてみてはいかがでしょうか。
   
   

スタッフ 木村
関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。