MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約お申込み

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > 犬の飼主(!?)が噛みつく咬傷事件

犬の飼主(!?)が噛みつく咬傷事件

アメリカから、こんな変わったニュースが飛び込んできました。


ノーリードで散歩していたではなく、その飼主に噛まれた(!?)という事件のニュースです。

 

要約すると、こんな感じです。

日本同様、カリフォルニア州でも犬をノーリードで散歩させることは禁止されています。
それにしても、とんでもない飼主ですね・・^^;

ノーリードで連れ出すということは、その犬の安全や責任を放棄しているのも同じです。
飼主は「この子は危害を加えないから大丈夫」と思っているのかもしれませんが、第三者には分かるよしもなく、特に犬が苦手な人には恐怖でしかありませんね。

しかし、せっかく護身用のスプレーを持っているのだから、襲ってくる飼主に噴射すればよかったのに・・

by 倉西

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。