MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約・お問い合わせ

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > 犬と猫の血液型

犬と猫の血液型

皆さんはご自身の血液型をご存知でしょうか。
人はA型B型O型AB型と血液型がありますが、実は犬や猫にも血液型があるのです。

 

●猫の血液型
猫の血液型は3種類あり、A型、B型、AB型に分けられます。
割合として、大多数の猫がA型であり、次いで少数ですがB型の血液型をもち、AB型は非常にまれです。
8~9割の猫がA型だと言われており、コーニッシュ・レックスや、ペルシャ、スコティッシュフォールド等の猫種では時々B型をもつ個体が現れるそうです。

また、血液には赤血球と血漿がありますが、

赤血球上にある分子の形状が「抗原」
血漿中に含まれている特殊なタンパク質を「抗体」

と言います。
違う血液型を混ぜると、この「抗原」と「抗体」が反応し機能不全にしてしまいます。
例えば、「A型」は「A抗原」と「B抗体」をもっており、「B型」は「B抗原」と「A抗体」をもっています。
「A型」に「B型」の血液を混ぜてしまうと、「A型」の「A抗原」に「B型」の「A抗体」が反応し機能不全を起こしてしまうというわけです。
また、AB型は「A抗原」と「B抗原」と持っていますが、抗体はもっていません。
そのため、輸血する際には注意が必要です。

 

●犬の血液型
犬の血液型は10種類以上あると言われていますが、現在国際的に使用されているのはDEA(Dog Erythrocyte Antigen:イヌ赤血球抗原)型の8種類になります。(DEA1.3を加えた9種という見方もあります。)

犬の血液型種類
DEA 1.1
DEA 1.2
DEA 3
DEA 4
DEA 5
DEA 6
DEA 7
DEA 8

上記の血液型にはそれぞれ「Rh+(プラス)」と「Rh-(マイナス)」に分けられます。
さらに犬は1頭で2~3種類の血液型を同時に持つことができます。
例えば、Aという犬は「DEA 1.1(+)、DEA 3(-)、DEA 6(+)」の3種類の血液型をもち、Bという犬は「DEA 4(+)、DEA 5(+)」の2種類の血液型をもつことができるといった具合です。
犬は人よりも複雑な血液型を持っていることが良くわかりますね。

 

犬猫の血液型は動物病院で調べてもらうことが出来ます。
大きな手術になりますと輸血が必要になる場合もあります。事前に調べておけば、いざという時に役立ちますので、興味がある方はぜひ動物病院へご相談されてはいかがでしょうか。

 

 

スタッフ 木村
関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。