MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約・お問い合わせ

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > スイカ早食い「カピリンピック」

スイカ早食い「カピリンピック」

こんな大会があったなんて知りませんでした。

アヒル“加勢”でバイオパークは失格 国内5園カピバラ スイカ早食い競争

国内5動物園で飼育しているカピバラのスイカ早食い競争「カピリンピック」が4日、開かれた。
長崎県西海市の長崎バイオパーク代表は、初出場の5歳の雄コナ。順調に食べ進んだものの、乱入したアヒルが“加勢”したため、失格となった。

カピリンピックは、2015年スタート。「露天風呂協定」を結ぶ同園と静岡、埼玉、栃木、石川の各園のカピバラが、皮付きのスイカ500グラムを完食するタイムを競った。

コナは、四方を柵で仕切られたスペースで挑んだが、30秒たった頃、アヒル1匹が一緒に食べ始めた。2分4秒で完食し、タイムそのものは2位。同園側は失格を申し出た。

優勝した埼玉県こども動物自然公園の心音(ここね)(雌、3歳)とは25秒差。バイオパークの伊藤雅男副園長は「酷暑の中、頑張ってくれたが残念。でも、アヒルとカピバラが仲良く暮らす園をPRできた」と前向きに捉えていた。

東京2020を待たずして、こんな心温まる熱い大会が行われていたのですね。

ちなみに、繰り上げ2位となったのは「那須どうぶつ王国」の雌の「ギバ」(2歳、体重50キロ)で、記録は2分12秒だったそうです。

カピバラには闘っている意識は全くないでしょうが(笑)、優勝を飾った心音(ここね)ちゃんの心音は興奮で高鳴ったとか高鳴ってないとか。

そして気になる大会結果がこちら。

画像は、埼玉県こども動物自然公園【公式ツイッター】より

小食な「たわら(オス)2歳」ちゃんがなぜ選抜されたのか謎ですが、まだまだ若いのでぜひ次回はリベンジしてもらいたいものです。

by 倉西

関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。