MENU
0120-688-505 電話受付:平日10時~17時(土日祝休み)

ご予約・お問い合わせ

本部スタッフブログ STAFF BLOG
ホーム > 更新情報一覧 > 体からの大きなお便り~後日談~

体からの大きなお便り~後日談~

「過ごしやすい季節になったなぁ。」と思ったら、本日の東京都最高気温の予報はなんと28度!!
驚きです!!

さて、先日我が家の愛猫キジトラ君の「体からの大きなお便り」についてブログを書かせて頂きましたが、今日はその後日談になります。
(前回のブログはこちら→体からの大きなお便り

薬と輸液のおかげで食欲は戻ったのですが、動物病院へ行く前夜まで「体からの大きなお便り」はまったく現れず。
便秘継続中のためか心なしか動きが鈍いキジトラ君。
目を細めじっとしている姿に、「今夜はもうお便りがくることはあるまい…。」と私も諦め、明日の動物病院へ備えて早々に眠りにつきました。

そして翌日。
朝起きてネコトイレを見てみると…。

ありました!!
キジトラ君の「大きなお便り」が!!
しかも沢山(笑)

キジトラ君、自力で頑張りました!!

「大きなお便り」を確認してみると、
もの凄く硬いのが数個。
ある程度硬いのが数個。
とにかく硬い。

そしてキジトラ君のお尻を確認すると、少し腫れていました。

便秘は解消されたものの、念のため動物病院へ。
そして診察の結果。

「お腹の中にまだ少し残ってるけど、大丈夫ですね。お尻もこのくらいなら大丈夫。」

と獣医さんに言って頂けました!

ただし、「慢性的に便秘になる可能性があるので油断しないこと。」とのことでした。

はい、気を付けます!家で出来ることはやってみます!!

と決意し、獣医さんにアドバイスをお聞きしたところ、以下のようなアドバイスを頂きました。

・水飲み場は5~6ヵ所設置。出来るだけ沢山用意してあげること。
 猫は砂漠にいた動物なので、歩いている途中で水飲み場を発見したら「あ、飲んでおこう。」と思うのだそうです。
 そのため、猫がすぐ飲めるよう水飲み場を沢山作っておきましょう。

・給水用の器は大きめのもので、陶器やステンレスがおすすめ。
 器が大きめというのは、猫のヒゲが器にあたらない程度の大きさが目安になります。
 また、プラスチックでは臭いが器に残りやすいので、多くの猫が陶器やステンレスの素材を好むそうです。

・流れて動く水も猫の興味をひきます。
 猫は動いているものに興味をひかれます。水が流れて動く循環式給水器もおすすめです。

 

我が家は循環式給水器は使用していましたが、水飲み場は2ヵ所しかありませんでした。
これからはできるだけ水飲み場を増やすようにし、お皿も陶器やステンレスを購入していきます。

 

もうすぐ暑い季節がやってきます。
脱水症状が怖い季節です。
今の内から水をもっと飲んでもらえるように、努力していきたいと思います。

 

 

スタッフ 木村
関連する記事

年月別 アーカイブ

本部スタッフブログ検索

ピックアップメニュー

最寄りの店舗を探す

まずは下記から最寄りの店舗を探しましょう。
店舗一覧からお探しの場合はこちらのリンクからお探し下さい。

ペットシッターの
ご予約について

ペットシッターのご予約・お申し込みは、お近くのお店に直接ご連絡いただくか、
フリーダイヤル、またはフォームからお問い合わせください。ご不明な点やご質問なども、お気軽にお問い合わせください。